人気ブログランキング |

菊陽町の「お法師まつり」

e0079560_12540332.jpg
e0079560_12523903.jpg
e0079560_12514875.jpg
神輿を手荒に扱う事で知られる津森神宮(益城町)の「お法師まつり」が10月31日、菊陽町であり、ご神体を載せた神輿(みこし)を豪快に放り投げて観客を沸かせた。

同神宮の秋季大祭に関連する祭りで、600年以上続くとされる。ご神体が益城町と西原村、菊陽町の12地区を
1年ごとに遷座し、引き渡す際にみこしを投げたり、転がしたりする。

今年は菊陽町の馬場楠(ばばぐす)地区から曲手(まがて)地区に渡された。
馬場楠地区の20~40代の男性約30人がみこしを担いで畑に入り、掛け声に合わせて放り投げた。
次第に壊れていくみこしを、「まだまだ大丈夫」と繰り返し転がす担ぎ手たちに、大勢の観客が拍手を送った。

手荒に扱う理由は、「祭神が霧で迷った様子を表現した」、「道路事情が悪かった昔、みこしをおとしてしまったのが
始まり」など諸説ある。
e0079560_12130478.jpg
e0079560_12085224.jpg
e0079560_12061744.jpg


by enokiyoka3395_10 | 2015-11-09 12:54 | 催事

’くまもん’でーす


by enokiyoka3395_10
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30