”五輪”は終わった”!

{「金しかいらない」と五輪に臨みながら、メダルに届かなかった星野JAPAN。インターネット上では、2試合連続で痛恨の失策を犯したG・G・佐藤外野手(30)を“戦犯”扱いする書き込みも目立った。}

{◆G・G・佐藤の失策 左翼手で出場した22日の韓国戦(準決勝)で、4回に左前安打をトンネル、8回に左飛をグラブに当て落球。23日の米国戦(3位決定戦)でも、3回に左飛をグラブに当て落球。3失策は、いずれも失点につながった。西武では右翼が定位置。}・・・・<スポーツ報知>より。

前半での柔道・レスリング・競泳・ソフトボール・体操、後半のソフトボールなどは、ほんとうに国民の期待と共に楽しませてもらえた。

それに引き換え野球はなんだ! こんな失策続きの試合なんて。みんな失点につながる”タイムリーエラー”ばかり。個人を攻めてはいけないとは思うが、’プロ’ですよ。それも三度も同じ選手とは呆れ返って、テレビ観戦も途中で止めてしまったほどだ。

ほんとうに”星野ジャパン”も全くの期待はずれだった。情けないやら腹が立つやら全く後味の悪い{五輪」になってしまった。

韓国は銀メタル以上獲得すれば兵役免除の特典があるとのことで、それこそ必死の思いで、総ての試合に臨んだと思う。

日本の選手でエラーした本人は「試合に出られたことを嬉しく思う」なんて、遊び心での全く’ハングリー精神’など微塵も感じられなくて、”只、楽しんでいる”ような錯覚をもたらしかねない選手がいたことはほんとうに残念だった。

次回各種目の選手選定には抜本的な改革が必要で、今回の一部に見られるような”技”のみにとらわれることがない、”点取り・・”的な<ずるさ>が必要と思うが・・・。
[PR]
by enokiyoka3395_10 | 2008-08-24 12:27 | 一言

’くまもん’でーす


by enokiyoka3395_10
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31